猫のいたずらはいたずらであっていたずらではない

猫のいたずらはいたずらであっていたずらではない

本日起きた出来事について記録を残したいと思います。

 

こんばんは。あいあんキャットでございます。

 

寝る前に若鳥の半羽唐揚げ(カレー味!)

 

を食べてたのですが流石に全部食べきれなかったので、キッチンへ残りを置いていたのですが

 

なんと我が家のお転婆レディで有名(?)のり子(ソマリ)が、お皿から半羽だけ床に

 

パーン!

と叩き落としてもちゃもちゃと食べているではないですか!

 

 

一心不乱に半羽を食べる猫もまた可愛いのですが、人間の食べる物を食べるのは消化機能にも悪影響の為

 

心を鬼にして(食べ物の憾み)「ぐるぁあああ!」と叱りました。

 

その後はすぐに逃げ出して、ほとぼりが冷めるまでひっそりと隠れて逃げ回るだけだったのですが

 

しばらくしてまた近づいてくるようになりました。ですが、どうもストレスを感じてしまったようで足の毛をガジガジと齧っているんです。

 

悪い事をしたと認識はしてるのですが怒りすぎてしまったようです。

 

いつもは、どすどすと歩いたり走り回ったりするのですが、叱ったあとは足音立てないようにしずかー・・・に歩いて存在感を隠してるような動きをしています。

 

・・・実はキッチンに上ったのはその一回だけではなく、もう一回上ったのでまた叱ってしまったのですが

 

それが良くなかったみたいです。猫が緊張して近づいて来なくなってしまいました。

 

近くに行こうとするとすぐに端から端へ逃げ回り、常にこっちを見ている状態で爪とぎをひたすら行っています。

 

流石にやり過ぎたと思ってもあとの祭り。触れようとしても即逃げ出すので近づく事さえ許されない状態です。

 

猫は気まぐれと言いますが、今は色々と解明されてきたので皆さまも猫の習慣・習性について事前に調べる事をお勧め致します。

 

ついつい、カッとなってしまう事もあるかと思いますが、まずはぐっと我慢する事に気を付けて参りましょう。

 

明日になれば元に戻ると信じて、今日はそろそろ寝ようと思います。

 

皆さんも猫が悪さした時でも怒りすぎないように気を付けてくださいね。

 

 

さもないと私みたいに寂しい思いをしてしまいますので・・・。

 

明日は猫を叱ってはいけないタイミング等を考察しようと思います!

 

それでは本日はこの返で。

 

GOD BLESS YOU

日常カテゴリの最新記事