ファイナンシャルプランナーという職業!実は人の誕生からリタイアまで全てを相談できる!?

NO IMAGE

皆さまはFP(ファイナンシャルプランナー)という職業がある事をご存知ですか?

最近ネット記事を見ていると頻繁にファイナンシャルプランナーの〇〇さん。

という表示でいろんな記事に関してコメントされているのを見かけます。

そもそもファイナンシャルプランナーとは何でしょう。

どういう人かというと、お金・株・土地・税金・保険 大雑把に分けるとこういった分野があり

それぞれ得意な分野に特化している専門な方になります。その中で一番役割が担っているのは、全般的にアドバイザーという立ち位置です。

例えばお客様が今加入されている保険が必要なものなのか、見直す方法がないか。

そういう方法を相談して説明する立場な方になります。あくまで相談を受けるだけなのです。

なのでノルマとかは基本関係ありません。

ファイナンシャルプランナーは3級・2級(+AFP)・1級(+CFP)があります。

3級はマークシート形式で〇×を選択するのみなのでとても簡単です。

1~2か月集中的にテキスト読めば合格はほぼできます。

2級は1~4番を正しいと思う物をマークシートで塗りつぶす時間と

自身で電卓を使用して金額の計算をして数字等を直接回答用紙に書き込む時間と2科目あります。

2級に関しては3級合格直後でしたらマークシートはほぼ正解は辿り着けると思います。

少し時間をおくとひっかけ問題にひっかかりやすくなるのでお勧めではありません。

あと解答用紙に書き込む分に関しては、税金や不動産の土地と建物の計算。

不動産の賃貸や売買に関しても手数料等の計算方法といったものがあります。

正直勉強してるときは細かい点があったりして イラっとする事もあったのですが、無事合格して引っ越しする機会がある時

不動産の方がどういう意図があってデメリットをうまくはぐらかして言おうとしてるとかも分かるようになって自分が損しないようにするにはどうすればいいのかという事を考える事が可能となります。

嫌がらせしようとしてるわけではありません(^^;)

元々、賃貸等に関して、払う仲介手数料等って本来は折半で、相談した結果負担割合を変えることが出来たりだったりなのですが

全部お客様が負担させられて(何も説明なしで!)るという事も多々あります。そして安くして欲しいと相談したりした場合

「私が頑張ってこれだけ下げることが出来ました。これ以上は無理です」と言ってきたりするのですが

元々の折半に戻しただけなのですがいかにも自分のお陰でこんな金額になりましたよ!

と恩を売ってくる人が実際に居ます。これは事実です。

元々知識があれば、どういう仕組みで安くされたのかというのが分かります。

それによってその業者さんがどういう人なのか、どういう提供をしてるのかが分かりますので、

今後の付き合いを考える重要な素材にもなります。知ってるのと知らないのとでは全く意味が違うのです。

これがずると思うか、当たり前だと思うかは人それぞれだとは思いますが、私個人としては知っておくべきだと思います。

皆さまの賃貸ライフに良き生活が送れます事を。

GOD BLESS YOU

日常カテゴリの最新記事