猫まっしぐらなのには理由がある!?実は危険なキャットフードの真実!

猫まっしぐらなのには理由がある!?実は危険なキャットフードの真実!

皆さんこんばんは。

 

アイアンキャットでございます。

 

猫のキャットフードは皆さまも愛猫様にあげていると思います。

 

猫が美味しそうに食べてくれるのを見ると、とても嬉しいですよね。

 

 

でも、本当にそのキャットフード、愛猫様の為になっているのでしょうか?

 

 

実は、猫には有害と言われているの食材も多々あるのですが、そういった認識が無い飼い主が多い為

 

「気づかれないから使っちゃおう」

 

というメーカー側の思惑にまんまと引っかかっているのが実情なのです。

 

実際には「愛猫はとても良く食べてるから大丈夫!」と、安易に思ってしまう事があるかもしれませんが

 

食べる=健康とは限らないのです。

 

 

人間も同様ですよね。良薬口に苦しということわざがあります。

 

猫が美味しそうに食べてると錯覚してしまうのは良くありません。

これから猫にとって有害なものを書いていこうと思います。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク




 

 

 

 

 

 

BHA・BHT

ぱっと見でキャットフードにこういう材料の表記があっても「はてな」が一杯になっちゃいますよね。

 

ですがこれは人間ですら危険とされている酸化防止剤なのです。

 

キャットフードにはほとんどが入っていると過言ではないくらいの量になっています。

この成分は、欧米からの圧力で日本への輸入品には使用禁止にすることは出来ませんでした。

 

その為、自身で気を付けるという事が必須になるかと思います。

 

 

 

 

エトキシキン

 

世界で使用されていたりしますが、猫には有害です。

 

毒性が非常に強いので食品に使用するのは禁止されてますが、キャットフードには普通に入っています。

 

合成着色料・人工香料・副産物:前二つは文字通りです。

 

人間の体にも良く無いのに猫の状態も全く同じ事が言えます。

 

副産物というのは分かりにくいですが、これは内臓や脳、汚物を取り除いた小腸・肝臓・血液・骨・被毛・羽根・ひづめ・角などを高温高圧で燻製し粉末化したもので

 

消化に悪く栄養価が低いものです。そういうのが使われているのはいい気分がしませんね。

 

 

4Dミール

 

れは実際に使わているキャットフードが多岐に渡ります。

 

ですが、これは人間用ではまず使用されることがありませんが、狂犬病や癌になった動物の肉が使われている非常に危険な肉です。

 

「ミートミール」と記載されているものは注意してあげた方が安心です。

 

遺伝子組み換え原料

 

日本ではまだキャットフードに使用されている形跡はないそうなのですが、米国では遺伝子組み換え食品が販売されています。

 

それ以降癌・白血病・アレルギーなどの慢性疾患が急増しています。日本にもいつ入ってくるかわかりませんのでいざという時には判断できるように注意しておきましょう。

 

 

 

 

 

上記の危険な部分ももちろんですが、常日頃から飼い主が正しい知識を持って

 

適したキャットフードを購入してあげることがとても大切だと思います。

 

皆さまも今まで値段しか見てなかったのであれば、次回からキャットフードの原材料で猫に害悪となっている物が使われている可能性もありますので

 

十分に計画してキャットフードを購入しましょう。

 

それでは本日はこの返で。

 

 

GOD BLESS YOU

日記カテゴリの最新記事