小時間が出来た時に目を通しておくと時事ネタに強くなるニュースや情報を紹介!【30.07.29】昨日のこと

小時間が出来た時に目を通しておくと時事ネタに強くなるニュースや情報を紹介!【30.07.29】昨日のこと

熱い中ご苦労様です。

 

アイアンキャットでございます。

 

最近暑さが少し和らいだかと思いきやすぐに台風が上陸するという全く油断の出来ない環境が続いておりますね。

 

まだまだ油断できない状況ですので気を緩めずに一日を過ごしていきましょう。

 

 

 

 

スポンサーリンク




 

 

 

それでは昨日ちまたで騒がれていたニュース情報をいくつかご紹介致します。

 

お友達や同僚等に是非話をしてみてください。時事ネタに詳しくなると

 

「あ、この人いつも忙しそうなのにしっかり情報把握されてるな。」

 

といった目で見てもらえる事間違いないです!

 

 

 

 

 

28日午後8時40分ごろ、京都市東山区新宮川町通松原下ル西御門町の建物付近から出火。

 

消防車両38台という大規模出動したが、強風の影響もあり近隣の住宅に燃え広がってしまい、少なくとも計13棟が焼けた。

 

京都府警によると、火元付近に住む80代女性の行方がわからないという。

 

 

外出時はガスや電気、戸締りといった基本動作をおろそかにせずしっかり確認する習慣を付けましょう!

 

自然発火以外の火事はほとんどが、ほんの些細なきっかけから始まる事が多いと認識下さい。

 

 

タバコより危険?「ひじき」で寿命が縮まるという情報の真実

 

ひじきは日本人が古来から食べてきた食品のひとつです。

 

ですが、2004年7月英国食品規格庁より「ひじきは健康を害するため食べない方がよい」との勧告が出されました。

 

あんなに美味しいひじきが体に悪いなんて信じられませんよね。

 

理由は「無機ヒ素」を多く含むためだそうです。

 

「ヒ素」は農薬や殺鼠剤に使われる毒物です。

 

ヒ素には「有機ヒ素」と「無機ヒ素」という二種類があり、毒性は「無機ヒ素」のほうが強いといわれています。

 

WHO(世界保健機関)によると

 

「飲料水や食事からのヒ素の長期にわたる摂取はがんや皮膚病変の原因となりうる。また、心血管疾患、神経疾患、糖尿病の発症にも関連している。」

 

と報告されてます。

 

・ひじきの損失余命

「損失余命」とは、身体に悪影響を及ぼす食事でどのくらい寿命が縮まるかを示す考え方です。

 

「タバコを1本吸うと12分縮まる、コーヒーを1杯飲むと20秒、ソーセージを1本食べると25秒縮まる」

 

といった「損失余命」として様々な情報が広まっているようです。

 

ひじきの損失余命は小鉢1杯で58分と考えられているようです。

 

その為、「損失余命」の考え方でひじきがタバコより「損失」が大きいことから

 

「ひじきはタバコよりも有害」

 

という説のみが広まったようです。

※ひじきを大量に摂取した場合という前提の記載であり、少量の場合は全く問題ないという情報もあります。

 

極端に食べるのをやめるといった事より食事量のバランスに気を付ければ特に問題ないとも言われています。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク




 

 

 

 

 

アップルが今年発売する新型iPhoneの、6.1インチの量産が1ヶ月ほど遅れている可能性

iPhoneの発売時期が近づいてくるとソワソワする知り合いが居ませんか?

 

私にそういう知り合いがおります(笑)

やはり人気が根強いと言わざるを得ないiPhoneですが、新型iPhoneの6.1インチの液晶ディスプレイモデルのみ当初の計画よりも生産が6週間遅れているとのことです。

遅れの原因は液晶ディスプレイ用のLEDバックライトにあるといわれています。

 

・LEDバックライトとは

液晶ディスプレイは自ら発光しない為、液晶ディスプレイ背面から照明するバックライトが必要不可欠で、高輝度、高効率、薄型のバックライトを日々研究しています。

 

モバイル液晶ディスプレイの発展は近年とても目覚しく進歩しており、携帯電話やカーナビ、テレビなどその需要は急速に増加しています。

そのLEDバックライトと、6.1インチの組み合わせに苦労しているようです。

 

あくまで噂ですが、6.1インチの新型iPhoneの発売は11月未明になるかもしれないとの事です。

 

 

 

台風12号 29日は西日本を横断 影響長引くおそれも

 

台風12号は29日午前1時頃、三重県伊勢市付近に上陸した。

 

台風が上陸するのは、昨年の台風21号以来で今年初めて。

 

東日本や西日本では暴風、高波、土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に、高潮にも警戒が必要です。

 

速度を落としながら西日本を西に進むため、西日本では台風の影響が長時間続くおそれがあります。

 

今回の台風上陸により、各地で「記録的短時間大雨情報」が相次いで発表された。

 

さらに、台風の通過後も南よりの暖かい湿った空気が流れ込み、太平洋側の南斜面を中心に大雨が続く見込みの為

 

台風後も十分な警戒が必要となります。気を緩めないように注意しましょう。

 

1951年以降、「初めて」のコースをとったこの台風の進路も実は意味があります。

 

東から西へ列島を横切る進み方をさせたのは、主には上空の寒冷低気圧が原因だそうです。

 

この低気圧の発生自体は珍しくはないが、さらに二つの高気圧の位置も影響して異例の進路となった。

 

今月の猛暑をもたらした要因でもある

 

【チベット高気圧】

 

が大陸側から想定より南側に張り出した。その影響により台風は北方向への行き場を失い、西へと進む見通しとなったと言われています。。

 

 

まとめ

昨日は色々なニュースもありましたが、今回このニュースをご紹介いたしました。

 

如何だったでしょうか。

 

やはり全般的に台風の情報が今回とても珍しい進路を取ったという事で昨日のアクセス数が多かったと思います。

 

強風による事故や災害といった事も十分に起こり得ますので十分な確認を心がけましょう。

 

これらの情報を学校や職場で会話に混ぜてみると少し自慢できるかもしれませんよ。

 

 

それでは本日はこの返で。

 

GOD BLESS YOU

ニュースカテゴリの最新記事