金足農業高校野球とても有名になった!どういう教育方針学校なのか

金足農業高校野球とても有名になった!どういう教育方針学校なのか

皆さまおはようございます。

あいあんキャットでございます。

 

今回テレビで毎日放送されております高校野球について記事を書きたいと思います。

 

私も野球が大好き少年の時代もあり、この季節になるとわくわくする性質を抱えております。

この気持ちを朝忙しい人にちょっとでもお伝えできたらと思って記事を書きます。

 

金足農・吉田輝星、桑田さんの前で勝つ!「東北初の優勝旗は、絶対に自分たちが取りたい」

◆第100回全国高校野球選手権記念大会

第100回全国高校野球選手権記念大会は決勝が行われる。

金足農(秋田)の150キロ右腕・吉田輝星選手は、日大三(西東京)戦で後攻を取り
「甲子園レジェンド始球式」で登場するPL学園OBの桑田真澄さんに東北勢初制覇を宣言すると誓った。

スポンサーリンク




昼前に選手宿舎で取材に応じた吉田選手は、日大三との準決勝は今大会チーム初の第1試合。
レジェンド始球式を務めるのは、PL学園OBの桑田さんだ。「キャプテン(佐々木大夢外野手、3年)がじゃんけんに強くて、いつも後攻を取ってくれる。
桑田さんは優勝している。自分も『絶対、優勝します』って言いたい」。
東北勢初V宣言後に、試合に入ることを誓った。
チームが初出場した1984年夏の準決勝。
1点リードの8回1死から、桑田さんに逆転2ランを浴び完投を許した。
その歴史を知る右腕は「(先輩たちに)並ぶだけではダメ。

それは強く思っている」。鹿児島実との1回戦を視察した楽天・長島スカウト部長からは「センス、完成度の高さを例えるなら桑田かな」と高評価された“縁”もある。

ナインも後押しする。

主将の佐々木夢は「絶対に後攻でいきます。じゃんけん勝ちます」と宣言した。秋田大会から全9試合で、8試合が後攻。
150キロ右腕の熱投から試合の主導権を握り、終盤での粘り強さを発揮してきた。

この日は全体練習をせず、ジョギングなどで軽めの調整。左股関節痛を抱えながら準々決勝も完投した右腕は

「疲れはない。投げろと言われれば、きょうも投げられる状態」。
決勝進出を決めれば、県勢では1915年の第1回大会(秋田中)以来103年ぶりだが、右腕は頂点しか見ていない。
「東北の夢でもあるし、秋田県にとっても、自分たちの夢でもある。応援してくれた人のためにも、絶対かなえたい。
東北初の優勝旗は、絶対に自分たちが取りたい」。みちのくのドクターKが、新たな歴史を切り開こうとしている。
金足農が初出場だった1984年夏。エースの水沢博文投手を擁しベスト4に進出。準決勝のPL学園戦、7回まで2―1とリード。
しかし、8回1死で清原を歩かせた直後、桑田に左翼席に逆転2ランを浴び敗れた。なお、PL学園は決勝で取手二に4―8で敗れている。

スポンサーリンク




※金足農業高校について小ネタ情報

今年で創立90周年を迎える同校は、「生物資源科」「環境土木科」「食品流通科」「造園緑地科」「生活科学科」の5つの学科がある。
生徒手帳には「リンゴを盗むと停学 梨を盗むと退学」「豚をいじめてはいけない」と、農作物や飼育する動物を大切にすることを普段から強調しているという。
JALは21日の決勝戦に合わせ、秋田から伊丹空港行きの臨時便の運航を発表。金足農決勝の為に飛行機が飛ぶという異例の対応。
JALの公式ツイッターでは「両校とも悔いの無いよう全力で頑張ってください!!!」と大阪桐蔭、金足農への応援メッセージをツイートしている。
金足農業では21日に2学期の始業式を予定し、「甲子園予選他報告会」なども行うことになっていた。
しかし、21日は元々甲子園の決勝戦が行われる日。野球部が最後まで勝ち進んだことで、始業式と試合が同じ日に重なってしまった。
学校行事に変更があるのか同校の教頭に話を聞いたところ、始業式は「23日に延期する」との回答。生徒へはこの後メールで通知するとした。
明日の決勝戦は、体育館を開放し「パブリックビューイングのように近所の方々と応援する」という。なお、22日から24日に予定していた校内の体育大会も延期する。

秋田勢の快進撃に盛り上がっているのは、地元放送局の「AAB秋田朝日放送」。公式ツイッターの“壊れツイート”がインターネット上で大きな話題となっている。

「ア」だけで、こうも喜びが伝わってくるものなのか。金足農が横浜を破った瞬間のツイートが、3試合連続完投の吉田に負けない注目を集めている。

「アアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア」

 

 

絶叫ツイートは約4時間で5000件以上リツイートされ、8000件を超える「いいね!」がつけられている。

 

 

如何だったでしょうか。皆さまにこの熱い暑い気持ちが少しでも伝わる事を祈っています。

 

それでは今回はこの辺で。

 

 

GOD BLESS YOU

野球カテゴリの最新記事