恋愛の仕方、意思疎通の仕方 幸せの表現の仕方は世代と共に変わっていきます

恋愛の仕方、意思疎通の仕方 幸せの表現の仕方は世代と共に変わっていきます

皆さまおはようございます。

 

アイアンキャットでございます。

 

突然ですが、皆さまは恋してますか?私は常日頃からしております!

 

我が家には可愛すぎると言って目に入れても痛くない娘が二人もいるのです・・・!

 

それがこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毎日バラ色の人生を過ごしております!!

 

・・・というのが私の幸せですが

 

青春真っ盛りの中高生は恋人とのラブラブな日常だって投稿しちゃいます。

 

最近の中高生カップルは、自分たちの幸せをどのようにシェアしているのでしょうか。

恋愛はスマホを手にする世代

 

皆さんの初恋はいつでしたか? 幼稚園の頃という人もいれば、小学生のときという人もいるでしょう。ちなみに私は幼稚園でした。

 

でもおそらく、相手と両思いになり、「お付き合い」となったのは中学生以降の人が多いかと思います。

 

中学生や高校生は最も盛んに恋愛を楽しむ時期でしょう。中高生は付き合って3日で別れ、別の人とすぐ付き合って1カ月で別れ、という人が珍しくありません。

 

 

スマホを持ち始めるのは中学入学をきっかけに、という人が最も多いです。SNSはLINEから始め、そしてツイッター、インスタグラムへと利用が拡がっていきます。

 

また、親のスマホなどで幼い頃からYouTubeを見ている世代なので、動画も大好きです。

 

YouTubeだけでなく、今最も熱い動画SNS「Tik Tok(ティックトック)」を一日中眺めています。

 

そんな中高生が恋をすると、当然SNSにも恋ネタを投稿します。好きな人が自分を好きでいてくれることを自慢したい

 

こんなに愛し合っていることを見せつけたい――そんな思いでネットの海原にのろけてしまうのです。

 

 

「アカウント乗っ取り」

 

「乗っ取り」というと、一般的には自分のアカウントを第三者に取られてしまうことを指しますが

 

中高生の乗っ取りはそれだけではありません。

 

自分の彼氏、または彼女にアカウントのメールアドレスとパスワードを渡し、自由に使えるようにすることも指します。

 

 

ツイッターはDM(ダイレクトメッセージ)がよく使われるようになったため、浮気していない証拠にアカウントを全部見せて真実の愛を誓うわけですね。

 

また、プロフィールに「アカウント乗っ取り中」と書くことで、他の人に狙われないように牽制します。

 

 

束縛し合うことで愛が深まると考えるあたりは若さですが、そうやって恋愛を学んでいくのかもしれません。

 

 

中高生はツイッターにつぶやいていたことをインスタグラムのストーリーに投稿し始めています。

 

ストーリーは24時間で消えること、文字や画像、動画を6秒という短い時間で見せられることから投稿のハードルが非常に低く

 

中高生によく利用されています。日常の風景や学校の愚痴などがどんどんアップされていくのです。

 

ティックトックで人気のアカウントは「Tik Toker(ティックトッカー)」と呼ばれます。ある日ティックトッカー同士でお付き合いが始まり

 

突然カップルでの動画がアップロードされ、ファンが驚かされたこともあります。

 

ある中学生女子は「ティックトッカーのための出会い系みたい」とまで言っていました。

 

ティックトッカーだけでなく、一般のカップルでも人気者がいます。とあるカップルアカウントは「ファン(フォロワー)」が43万を超えており

 

美男美女のカップルにあこがれる人たちが投稿をチェックしているのです。

 

 

ティックトックにはハグやキスも

 

人気のカップル動画は、YouTubeに誰かがまとめて転載しています。

 

YouTubeとティックトックはどちらも見ている人が多いので、YouTubeで見つけてティックトックで見たり

 

その逆もあったりと、どちらで見ても変わらない状況になっています。

 

控えめな中高生は、自己アピールが強く出てしまうティックトックへの投稿はハードルが高いため、恋愛の様子までは投稿できず

 

インスタグラムのストーリーに「匂わせ」ることで精いっぱいです。「匂わせ」とは、誰とどこにとはっきり書かず、でもどう考えても一緒にいるよね?

 

という投稿をすることです。大人でも、異性と2人でお酒を飲んでいることを「匂わせ」る人はいますよね。

 

さて、気になる方は多いと思いますが、こうしたカップルが別れると投稿はどうなるのでしょうか。

 

 

基本は「全消し」です。投稿を1つずつ消す、もしくはアカウントごと削除します。

 

「いつか別れる日が来る」とは思っていないからこそ恋愛は盛り上がり、その愛を知らしめたくて投稿するわけですが

 

今はその名残であったり、思い返す事よりもまずは「無かった」事にしてしまう事がとても多いという現状のようです。

 

 

私の世代では、携帯電話がまだ普及しておらず、相手方の固定電話に連絡をかけて「家族の人が出たら即切ろう!」

 

といった思いを持って電話をかけていたのですが、今はそういった事はほぼありません。それも良かったですが今は日本人というより

 

博多のように麺を茹でる時間が待てないように、恋愛もそういったドキドキが待てないのかもしれませんね。

 

 

如何だったでしょうか。皆さまの青春が素晴らしい事を祈って

 

GOD BLESS YOU

日常カテゴリの最新記事