今日アクセスの多かった海外ニュース一覧 アジアが注目されてます

今日アクセスの多かった海外ニュース一覧 アジアが注目されてます

皆さまこんばんは。

あいあんキャットでございます。

北朝鮮や韓国、そして中国とアメリカ。色々と話題が尽きないといいますか、どんどん問題が深刻化していっているのが実情かと思われますが、もしも旅行等で訪れる予定のある方に関しては本当に注意をして向かうようにして下さい。

それでは本日一番アクセスの多かった海外ニュースについて情報をご紹介してまいります。

スポンサーリンク


トランプ大統領が安倍首相よりノーベル平和賞の推薦を受けた!?

トランプ米大統領が安倍晋三首相からノーベル平和賞への推薦を受けたと述べた

ことを受け、韓国大統領府関係者は16日、「朝鮮半島に新たな平和の時代を開

き、世界の平和に寄与するために努力しているトランプ氏は立派なノーベル賞候

補だと考える」と支持する立場を強調した。

 トランプ氏の発言をめぐっては、米紙ワシントン・ポストが

「一部のアナリストはトランプ氏が(推薦を受けた相手について)安倍氏と

(韓国の)文在寅大統領を取り違えたのではないかと臆測している」と報道。こ

れに関し韓国大統領府関係者は「確認すべき事案ではない」と述べるにとどめた。 

トランプ大統領と北朝鮮の金正恩最高指導者の会談を実現させた事についての評価が上記の発言ではないかと憶測を呼んでいるそうなのですが、実際にいつ頃の発言だったのかについては言及されていないとの事です。

「日本はできたのに韓国はなぜ?」新制度導入にコンビニ業界が反発

韓国・デイリーアンは2019年2月12日付で

「“日本はできたのに韓国はなぜ?”…コンビニの最低保障制が何だというのか」

とする記事を掲載し、韓国のコンビニ業界が最低保障制度の導入をめぐり強く反発していると報じた。

記事によると、韓国では現在、関連内容を盛り込んだ加盟事業法の改正案が国会で滞っている。

発端となったのは、日本のセブンイレブンの事例を挙げて最低保障制度の導入を促したことだった。

しかし業界は「日本と韓国の加盟契約条件が異なり、単純に比較するには無理がある」と反論しているという。

記事は反論の理由について、韓国の三大コンビニエンスストアではすでに店舗オープン初期の売り上げを支援する制度を導入・運用しているためと伝えた。また業界は「契約期間と本社に支給するロイヤルティにも日本と差がある」と指摘しているという。

韓国はほとんどが5年契約であるのに対し、日本は10年以上と契約期間が長く、さらに韓国では売場内のインテリアや設備、看板、POSシステムなどを本社が負担する一方、日本はオーナーが負担するため、オープン費用も10倍ほど高い。

日本は支援金額も最大2200万円と高いものの、最低収益を超過した場合は既存の支援金を回収するという点で、韓国で論議中の最低保障制度とは差があるという。

これを受け、韓国のネット上では

「コンビニの1カ月の売り上げは4000万ウォンらしい。それなのにバイトの最低賃金を50万ウォン上げただけでもつぶれるって? 本社がみんな(売り上げを)持ってくからでしょ? 外国は知らないけど、韓国のチェーン店の多くは詐欺か搾取」

「本部が持ってくロイヤルティという名目の金額は、日本とは比べものにならないくらい搾取レベル」などコンビニ本社を非難する声が目立つ。

また「答えは一つ。コンビニの数を減らせばいい。狭い街の0.5ブロック内にコンビニが3店もあったら、競争力などあるわけない。だから本社が持ってく割合も多くなるし、オーナーも収益が上がらないからバイト代も払えない」

「日本は出店制限があるけど、韓国にはない。だから最低保証制度はそんな簡単な話じゃない」と「コンビニの数」を指摘するコメントも多く寄せられてた。

スポンサーリンク

天皇謝罪発言「抗議なかった」=外相会談で韓国政府

韓国外務省は河野太郎外相と会談した際、慰安婦問題に関し天皇陛下の謝罪を求めた文喜相国会議長の発言について、河野氏が

「抗議した」という日本側の発表を「事実でない。日本側の言及はなかった」と否定した。

 康外相も15日、訪問先のミュンヘンで韓国記者団に対し、

「そのような話はなかった」と断言した。

「(抗議は)会談に同席した日本の外務省幹部の発言か」

という問いに対しても

「そのようなことはなかった」

と説明したという。

 

日本側関係者はこれより先、河野氏が謝罪と撤回を改めて要求し、これに対する康氏の発言はなかったと説明しており、会談でのやりとりをめぐる食い違いが表面化した。 

日本への悪態が止まらない「韓国」の真実

『国会議長が天皇陛下の謝罪を求めるなど、常軌を逸っしたように見える韓国

ですが、韓国人に日本的な常識を求めることが無理なのです。

大統領になっても権力を失えば、投獄や暗殺、自殺など。ハッピーにはなれない

のです。しかし大統領になれば、何でも出来てしまう絶大な権力者になってしま

います。

 「嘘」、「インチキ」、「偽り」など、元々争いごとの多い野蛮な地域です。

大統領の周囲にいる人でも、状況が悪くなれば手のひらを返す人も多いのです。

取り巻きも利害関係での結びつきが強い為、信頼関係は薄く、常に疑心半疑で

す。恨みと裏切りの繰り返し。

成り上がりが多い為、とにかくえばりたい、横柄に相手に接したいとの欲望が強

いのです。

日本に戦争を仕掛ければ、韓国が勝利すると確信している輩も増えています。

 そんな韓国ですから、国際社会での韓国への信頼度は低く、周辺国やASEAN

各国の一般大衆に聞くと嫌いだとの回答が圧倒的に多い現実があります。

どうも韓国には、感謝という言葉は無いようで、通貨危機を日本が助けても、感

謝するどころが、日本の対応が悪いと文句を言うほど。韓国は輸出依存度が高

く、国内経済が小さい為、輸出が20%程度減るとダメージが大きくなります。


日本は韓国との関係を最小限にとどめ、無視することが最善の策です。

韓国は反日ではなく卑日です。日本は韓国に躊躇することなくハッキリNOと言

って、一切手助けはしないことです

以前、パラオ共和国で韓国の橋梁会社が手抜き工事をして、大きな橋が崩落。空

港地域と首都を結ぶ幹線の橋で電力や水道がストップ。緊急ボート輸送を開始し

た米軍の担当者も呆れていました。

パラオの副大統領らも「韓国は口だけで、デタラメだ。韓国の建設会社はすでに

消滅していて、韓国政府は責任感が無い」と嘆いていました。

名古屋から友好都市の三重県がミネラルウォーター「森の番人」を支援物資とし

て届けました。こうしたことからも、パラオでの韓国のイメージは最悪です。日

本の支援・鹿島建設の安心施工で、新しい橋が建造されました。

韓国の尻拭いを、日本は淡々と対応しているわけで、韓国政府から感謝されても

おかしくないと思います』

本日は上記のアクセスが多かったです。やはりアジアとアメリカ関係のニュース

が世界で注目されていますね。

本来はもっと良い方向で注目されたいのでなんだか残念ではありますね。

それでは本日はこの辺で。

GOD BLESS YOU

ニュースカテゴリの最新記事