堺あおり運転殺人の控訴棄却

  • 2019.09.11
NO IMAGE

堺市で昨年7月、乗用車であおり運転をしてオートバイに衝突し、大学4年の高田拓海さん(当時22歳)を殺害したとして、殺人の罪に問われた元警備員、中村精寛(あきひろ)被告の控訴審判決で11日、懲役16年とした1審・大阪地裁堺支部判決を支持し、弁護側の控訴を棄却した。

1審判決は、中村被告がハイビームを照射したり、何度もクラクションを鳴らしたりして、あおり運転をしたと指摘した。ほとんど減速せず衝突した状況や、中村被告の車のドライブレコーダーに記録されていた、衝突後の「はい、終わり」という軽い口調の独り言から、殺意があったと判断。懲役16年(求刑・懲役18年)を言い渡し、弁護側が控訴していた。

中村被告は「衝突は故意ではない」などと述べ、一貫して殺意を否定。弁護側は、衝突はブレーキ操作を誤ったことなどが原因で、自動車運転処罰法違反(過失致死)罪にとどまると主張していた。

 殺意の有無が争点。裁判員裁判の1審判決(今年1月)は、高田さんが死亡しても構わないという「未必の故意」があったと認定し、高裁判決もこれを追認した。

 

 

 判決によると、中村被告は昨年7月2日夜、堺市南区で乗用車を運転中、高田さんのバイクに追い抜かれたことに立腹。追跡して時速96~97キロで衝突し、高田さんを殺害した。

カテゴリの最新記事