川口いじめ裁判 さいたま地裁で市が不法行為を否認

川口いじめ裁判 さいたま地裁で市が不法行為を否認
目次

 埼玉県の川口市立中学校に通っていた元男子生徒(16)=現在高校生=がいじめを受けて不登校になったのは学校や川口市教育委員会が適切な対応を怠ったためとして、市を相手取り550万円の損害賠償を求めた訴訟の第4回口頭弁論が13日、さいたま地裁で開かれた。

 市側は「元男子生徒側の主張する事実関係は、そもそも不法行為を構成するものではない」と主張。原告側の質問に、「(第三者委員会が策定した)報告書の存在は認めるが、国家賠償法上の違法性は否認する」とした上で、「いじめ防止対策推進法上のいじめの有無と、国家賠償法上の違法性の有無は異なると考えている」と回答した。

川口市の見解としてですが(今回はいじめではない。法律では心身共に苦痛を受けたと声高に発したら被害者となり、その相手が加害者となる。それはいじめではなくても、言ったらいじめと認定される。それは法律がおかしい。欠陥だ。)

という事というのです。市がこれを言ったら川口市に住んでる全ての児童は誰が守ってくれるのでしょうか?

今この裁判は続いています。皆さまも是非注視してほしいと思います。

ニュースカテゴリの最新記事