ダイエット・血液サラサラ・膝痛予防に効く

ダイエット・血液サラサラ・膝痛予防に効く

皆さんこんばんは。

 

あいあんキャットでございます。

 

熱い時期は食欲が落ちたり偏った食事になる事が多いかと思います。

 

熱いから仕方ないと思われて食事する事が多いかと思いますが、やはりそういった食生活を長く続けると体に支障をきたしてしまいます。

そういった場合に備えて、あらかじめお勧めな食材

”薬味”

について語ろうと思います。

 

 

 

 

わさびは実は、血液サラサラ効果が期待できるのです。ワサビの中でも西洋わさびや、本わさびといった種類がありますが、サラサラ効果に期待できるワサビは”本わさび”のみなのです。流石日本の食材ですね!

 

お勧めな食べ方「ワサビ丼」

あつあつのごはんの上にかつお節をふりかけ、その上にワサビを乗せます。お好み合わせて醤油を回しかけて完成です!これだけですごく美味しいですし、栄養もしっかり残さずとることが出来ます。簡単過ぎですがとてもお勧めの食べ方です。

 

ワサビの保存方法
ワサビを擦り下ろし、ジップロックに居れた後、手のひらを使って薄~~く押し伸ばして冷凍します。そうすると風味も辛みもしっかり残ります。使う場合は薄いので指でそのまま使う分だけ使用する事が出来ます。

 

 

スポンサーリンク




 

 

 

 

・ショウガ

実はショウガは膝痛に効果的なのです。地元の方は頻繁に食べてるようで、近所の方が膝が痛いと言ってる人が一切居ないくらいだそうです。

お勧めな食べ方「新ショウガのサラダ」

千切りにしたショウガキュウリハムツナコーンマヨネーズ塩コショウ少々

二つの成分をbランス良く摂取できる。

 

焼酎のショウガ割り
実はアルコールの方が水より成分が解け出やすいのでとても効果的な摂取方法なのです。

すりおろしたショウガに焼酎の水割り等に一緒に入れてかき混ぜるだけでいいです。是非お試し下さい。

ジンジャエールのアルコールあり版なような味でとても飲みやすいですよ。

 

ショウガの保存方法

すりおろしてラップに一回ずつ使う量に小分けして保存するだけです。

 

 

スポンサーリンク




 

 

 

・青じそ

ベータカロテンが血管の老化を防ぎます。

体に入るとベータカロテンはビタミンAに代わり、動脈硬化の原因 活性酸素と戦ってくれて老化を防ぐ事が可能。

 

ベータカロテンは火を通しても壊れにくいので青じその天ぷらはお勧め。大葉と梅干を刻んだおにぎりも美味しい。

 

海苔が無いときは大葉を海苔替わりに巻くのもお勧め。食後の血糖値上昇を抑制する効果があるのでお勧め

 

※青じそのチヂミ

「ニラを入れる料理全般に対して、ニラの代わりに千切りにした青じそを入れるのがお勧め」です。いろんな料理に使えますよ!

 

 

※青じそプリン

青じそ10枚ミキサーにかける

 

牛乳に砂糖を入れ沸騰する前に止めてゼラチンと青じそソースを加える。容器に流しいれて2時間待ちます。

 

お湯にはちみつ、青じそソースとゼラチンを加えて温める。

 

青じそプリンの上に流しいれてさらに冷やし固める。生クリームと青じそソースをかけたら完成。

 

 

 

 

 

 

大葉の保存方法

 

まず湿度を保って密封しない事が重要です。

 

洗った青じそをラップにかるく巻く(空気をわざと入れる)

 

そして保存すると、通常3日位で傷みだすが1~2週間持ちます。

 

まとめ

 

如何だったでしょうか。今まで素材の味が変わるからと遠慮してた方も中にはいたかもしれませんが

 

是非とも薬味と一緒に食べて見てはどうでしょう。それが健康にも良いですので是非お試しください。

 

それでは本日はこの返で。

 

 

GOD BLESS YOU

ダイエットカテゴリの最新記事