スケジュールは3か月前倒しで計画すべき!早く予定を立てるメリットを説明します

スケジュールは3か月前倒しで計画すべき!早く予定を立てるメリットを説明します

6月入りまして涼しい気温だったのが、物凄く熱い日が増えてきました。

 

こんにちは、あいあんキャットでございます。

 

 

今日の日中車で移動したのですが物凄く熱くてコンビニに数分止まっただけですが

 

物凄く熱気が籠り、毎回汗だくになりとても辛い思いを味わいました。

 

こんな高温になる車の中で身動き取れないと脱水症状になるのはすぐだと感じます。

 

 

”お買い物の間だけ・・・”

 

という安易な気持ちでお子さんを車の中に放置すると取り返しのつかない事に

 

なりかねませんので絶対にお子さんを車の中に取り残さないようにしましょう。

 

 

 

 

皆さんは今年のスケジュール経ててますか?

 

建ててる人も居れば今月の予定までだったり

 

一日一日予定組むのが必死だったりという方もいるかと思います。

 

 

実際に「これから予定経てるぞー!」と思ったとしてもすぐに立つものではないのも事実です。

 

 

スポンサーリンク




 

 

 

私個人の考え方ですが

「いついつまでに終わらせる。」

「いついつまでにどこへ行く」

 

という予定をスケジュールに書き込むだけでも十分です!

 

スケジュールの組み方って、何度もされてる方であれば勝手が分かるのですが

 

そもそも予定をスケジュール帳に書いたことがない

 

という方だった場合、どうすれば良いのかという第一歩が大事だったりします。

 

書く事そのものがまず分からない。

 

どう書けばいいのか分からない。

 

 

そういう方がスケジュールを書き込むように言われても

 

どうすれば良いのか分からないという事態に陥る可能性があります。

 

そうなってしまうと、スケジュール帳に書くのやめたー!という事にもなります。

 

 

実際スケジュール管理できるかどうかで”人としてどういう人か”という他人から見た自分

 

というのが自動で作られてしまう事もあります。周りは容赦なく、印象を思ったように付けられますし周りに広まる事もあります。

 

スケジュール組んでないだけでそんなに?と思われるかもしれませんが、これが始まりであり、これが全てです。

 

それほどまでに重要なのです。

 

 

スポンサーリンク




 

 

 

 

スケジュールは無理に作る必要はないのですが

 

本当に大事なものを見落とさないように記帳する必要があります。

 

しかし、書き込んだ後に見直したりする習慣がないと、書くだけ書いて忘れてしまうのです。

 

 

そうなってしますと、その時になって周りから

 

「今日〇〇なのに何で来なかったんだ」

 

「〇〇の準備は出来てるんだろうね」

 

と、当日取り返しのつかない事態になってしまう事もあり得るのです。

 

 

スケジュールは自分が管理する為のツールでもあります。

 

しかしそれだけではなく周りからどう思われてるか。

 

「大事な事を一度でも見落としてしまう」

 

それだけで周りから見た自分のレッテルや見た目は固着化されてしまいます。

 

 

それを剥がすのは容易ではありません。周りからマイナスな見た目を与えてしまわないように

 

日ごろからスケジュールを書く習慣を是非身に着けていく事をお勧めします。

 

 

 

 

書くのが苦手ならこういったブログを活用するのもありかもしれませんね。

 

自分にしかみれない状態にするもよし。

 

毎日確実に見る物があるのならそれをぜひ活用してください。

 

今回はスケジュールを立てる習慣をつける事によって今すぐではないですが

 

数年先を見据えた未来設計が出来る能力が身に着く可能性についてご説明させて頂きました。

 

 

自分の目に入らないと思い出せないのであれば、毎日見る物を活用しましょう!

 

 

 

それでは本日はこの辺で。

 

GOD BLESS YOU

日常カテゴリの最新記事