非常時に対する備え

NO IMAGE

皆さまこんにちは。今回は様々な備えについて書いていこうと思います。

日本は自然災害が非常に多い国です。
様々な危険について、どういう事が起こりえるか、という可能性を常日頃から考えておかなくてはいけません。いざという時にすぐ行動出来るようにしておきましょう。
電気やガス、水道などのライフラインが止まった場合に備えて、普段から飲料水や保存の効く食料などを備蓄しておきましょう。

 防災のために出来るだけ、普段の生活の中で利用されている食品等を備えるようにしましょう。

食料・飲料・生活必需品などです。参考にして頂ければと思います。
・飲料水 3日分(1人1日3リットルが目安)※トイレを流したりする為、少し多めに用意しましょう
・非常食 3日分の食料として、ご飯(アルファ米など)、ビスケット、板チョコ、乾パン など日持ちする物、持ち歩いても軽い物がお勧め。
・トイレットペーパー、ティッシュペーパー・マッチ、ろうそく・カセットコンロ など

※非常時というのはいつ・何が起きるのか誰も分からない為パニック状態になり、最適な行動をとる事が出来ない可能性が高いです。もしかしたら避難生活を余儀なくされる事もあり得ますので、すぐに持ち出せるように、備えをしておきましょう。

 お互いの安否を確認できるよう、日頃から安否確認の方法や集合場所を事前に相談しておきましょう。いざという時に、携帯電話の回線が繋がらない事も想定されます。その際には以下のサービスを利用するのもお勧めです。
災害用伝言ダイヤル

局番なしの「171」に電話をかけると伝言を録音でき、自分の電話番号を知っている家族等が伝言を再生できます。いざという時活用するように話し合っておきましょう。

※非常用持ち出しバッグの内容の例
・飲料水
・食料品
・救急用品(常備薬、包帯、消毒液、ばんそうこう、など)
・携帯ラジオ、予備電池、携帯電話の充電器、懐中電灯
・衣類、下着、毛布、タオル、ヘルメット、防災ずきん、マスク、軍手、

余裕があればお勧めの品
使い捨てカイロ
ウェットティッシュ
洗面用具
携帯トイレ

※乳児のいるご家庭は、ミルク・紙おむつ・ほ乳びんの予備の用意をしておきましょう。

結論:一番大事なのは皆さまの心構えです。「もしかしたら」という気持ちが薄れている時が一番大変です。日頃から用意をしておくことをお勧めいたします。

それでは本日はこの返で。

GOD BLESS YOU

災害カテゴリの最新記事